コープ・インターンシップ (Co-op and internship)で勉強も仕事もしよう!

・ワーキングホリデービザを延長して仕事も勉強もしたい

・もうワーホリがは取れる年齢ではないけれども、海外で仕事がしてみたい

・将来は外資でバリバリ働きたい

など、海外で働きたい人には最適なワークビザ、

コープ・インターンシップ (Co-op and internship)をご紹介します。

 

コープ・インターンシップは在学中、企業で実務研修として働くことが可能なワークビザです。

卒業後に研修先でそのまま雇用されるケースも多く、カナダで就職を考えている留学生には

利用価値の高いプログラムの一つでしょう。

申請条件

● 有効な就学許可証(学生ビザ)を所持していること (コープと同時に就学許可証の申請も可能)

● 就労(実習)は就学プログラムと関連し、欠かせない一環であること

(例)ホスピタリティー専攻でホテルのフロントでインターンシップ

● 就労の期間が就学プログラム全体の50%を超えないこと

(例)全体で12ヶ月のコーププログラムであれば就労期間は6ヶ月を超えないで行う

 

つまり、コープ・インターンシップでは

【就学(学校)】+【就労(仕事※)】

が可能

※有給と無給がある

(例)12ヶ月のプログラムの場合、

【学校6ヶ月】+【仕事6ヶ月】が可能

注意!

ただし、コープは、収入を得る目的としたアルバイトの為のワークビザではありません。

あくまで就学プログラムの一環であり、雇用主である学校から研修先に派遣されている

就労であることが絶対条件ですのでご注意ください。

 

コープ・インターンシップについての詳細はこちら

コープ・インターンシップを取得できる学校はこちら